ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼくんち①~③巻-スピリッツとりあたまコミックス- ★★★★(西原理恵子/1996~1998年/カラー各79ページ/小学館)

ぼくんち-ビッグコミックス-西原理恵子著/2003年/白黒普及版236ページ/小学館1巻第1話
~ぼくのすんでいるところは――
山と海しかないしずかな町で――
はしに行くとどんどん貧乏になる。
そのいちばん はしっこが ぼくの家だ―― ~
から始まる、『ぼくんち』。
幼い一太と二太の兄弟を中心として、家族やその町に住む人々の逃れられない日常(現実)を明るい笑顔で綴っています。
東京の一等地で家族、友達、電化商品等に囲まれているサザエサンとは真逆の世界ですわ。

1話見開き2ページの中、苦悩の凝った表情(絵)や、細かい心の描写(文字)などはほとんど無いのに、ラスト涙が出てくるダークな世界(ホント『サザエサン』とは真逆だわ)。
Uを逆にした笑顔のお目目と、Oを塗りつぶした真っ黒なお目目だけなのに、喜怒哀楽をごっちゃに見せられた感じで、胸の奥がとっても痛くなっちゃいました。

みんな今よりちょっとだけ幸せになりたいだけなのにね…。
寂しさを埋める良い方法って、なかなか見つけられないよね…。

人間って、どんなにいきがって強くなろうとしても、所詮一人じゃ生きていけないもの。
寂しさをたくさん経験してる人ほど、いっぱい涙が溢れてくるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/01/18(水) 13:05:06|
  2. | コメント:0

閉ざされた森 ★☆(BASIC/2003年アメリカ/98分/サスペンスミステリー)

閉ざされた森/サスペンスミステリー『小説だったらきっと面白いんだろうなぁ』と思ってみてたのに、これって原作無かったのね。。。
二転三転する供述で『いったい何が本当なの!?』って考えるには、顔のでかい捜査官ジョン・トラボルタの自信に満ちた演技が目立って目立って、ある意味怖かったですわ。
こんな事なら怪しいジョヴァンニ君も出てた事だし、ホラーミステリーにした方が良かったんじゃないかしら。

ストーリーは、裁判物ではない軍事サスペンスミステリー。
クスリがいっぱいのパナマ米軍基地で、訓練中の6人のレンジャー隊そして隊長のサミュエル・L・ジャクソンの計7名が、ジャングルで行方不明になります。
で、ヘリが大雨の中救助に向かったところ見方同士が撃ち合っており、一人は撃たれ、二人は救助。残りの四人は行方不明のまま。
『いったい何が起こったの!?』っていう謎解きの始まりです。

ここで『元レンジャー隊員で尋問術に長けた麻薬捜査官』の肩書きを持つジョン・トラボルタ様が、違和感アリアリでご登場。
女性の捜査官(大尉)の尋問に答えない救助された二人の兵士に、アクの強いトラボルタが態度のでかい尋問で、ジャングルでの再現フィルム付の供述を引き出していきます。

が、供述は二転三転。
暗いジャングルの中、誰が誰なのかわからない状態で犯人の名前を羅列しながら再現フィルムは流れて行きます。レンジャー隊の名前も分からない状態で。。。ってか、それどうなのよ?

ラストにはちゃんとしたどんでん返しがあって、ストーリー的にはつまらない話じゃないのにねぇ。再現フィルムが邪魔をして、駆け引きが見えないB級映画になったような気がしますわ。

監督は『ダイ・ハード』『ラスト・アクション・ヒーロー』『プレデター』等、私の好きな作品を撮ってたらしいジョン・マクティアナン氏。
なんで中途半端な謎解きにしたかなぁ。もったいない。

監督:ジョン・マクティアナン 脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト
出演:ジョン・トラヴォルタ、コニー・ニールセン、
   サミュエル・L・ジャクソン、ジョヴァンニ・リビシ、
   ブライアン・ヴァン・ホルト、テイ・ディグス、ティム・デイリー

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/01/15(日) 11:33:51|
  2. DVD・ビデオ
  3. | コメント:1

二重誘拐 ★(THE CLEARING/2004年アメリカ/91分/ドラマ)

二重誘拐/ドラマタイトルからしてサスペンスなのですが、実際はただのドラマ。『熟年離婚』や『リストラ』という、今時の社会問題を取り入れた誘拐ドラマ。
気持ちはサスペンスだったワタクシは、ず~っとず~っと山道登るおじ様二人がほっとんど映ってるだけで、アップに映るシワだらけのロバート・レッドフォードを見る度に『ライトあてるかなんかして、もうちょっと綺麗に取れないかね、監督さん』と要らぬ心配をしてしまいましたわ。ホント邦題に騙されたぜっ。

誘拐されたのは、仕事で成功してプール付大邸宅に住むロバート・レッドフォード。
そのプールで毎朝ひと泳ぎしているが、旦那さんに「いってらっしゃい」のキスも無く目を合わすのさえ忘れてしまうほど、旦那さんの存在を忘れかけてるおくさま、ヘレン・ミレン。
誘拐したのは、リストラされ賢いのかバカなのかよく分からないキャラの、ウィレム・デフォー。

彼らを探し続ける警察と残された家族。
そして、山を登り続けるロバート・レッドフォードとウィレム・デフォー。
この二つが同時進行ではない状態で、進んでいくのです。時間が対では無いのです。だからサスペンスとして感情移入がまったく出来なかったのですー!!

いくら山を登り続ける渋い二人が、人生の勝ち組負け組みを演じたからといって、いくらおくさまが後で旦那さんの大切さに気付いたからといって、何日経ったか分からない捜査状況をドキドキハラハラ見れるわけが無いでしょ。
最後まで見ても二重誘拐の、『二重』の意味が分からなかったしねぇ~(ってか意味無かった!?)。

とにかく時間の流れがバラバラなので、話がプッツンプッツン切れてる感があって面白くなかったです。
サスペンスとしては最低、ドラマとしてはよくある話。
脚本がいけてないおかげで、『シワが増えても渋さが増えないレッド・フォード♪』と、妙に痛々しく感じてしまいましたわ。

監督:ピーター・ジャン・ブルージ 脚本:ジャスティン・ヘイス 
出演:ロバート・レッドフォード、ヘレン・ミレン、ウィレム・デフォー

テーマ:映画好き(*^^)v - ジャンル:映画

  1. 2006/01/10(火) 13:58:51|
  2. DVD・ビデオ
  3. | コメント:0

アウト・オブ・タイム ★★★☆(UNSTOPPABLE/2004年アメリカ/96分/サスペンスアクション

アウト・オブ・タイム/B級サスペンスアクションウェズリー・スナイプスが『ブレイド3』の次に出演したサスペンスアクション。だったのよねぇ。わたしゃ『ブレイド』に出る前の作品だと思ってたよ。
まぁそのおかげで、B級サスペンスアクションとして楽しめましたけど♪

ストーリーは、ボスニア紛争で友人を亡くし、そのせいで精神が不安定になってしまった元特殊部隊のウェズリー君が、ひょんな事から人違いされ、幻覚症状の果てに死に至る麻薬を打たれてしまう所から始まります。
逃げるウェズリー、追いかける密売グループ、それを追いかけるFBI、そしてウェズリー君を救おうとする刑事の彼女。
密売グループの真剣なマヌケぶりとFBIの中途半端な優しさが、終盤への辻褄合わせに向かって突き進んでいきます。中盤から『なんでやねん』というフレーズは外せませんが、立派なサスペンスな事に変わりはありませんわ♪

アクションに目を向けますと、こちらはこちらで暗い画面の中、適度に火花が散りばめられ、マヌケな密売グループが良いエッセンスとなって退屈する事はなかったです。
主役のウェズリー君が『あと数時間で死んでしまう!』っていうハラハラドキドキ感や、FBIのいやらし感や、ラブラブモード(私は要らないけど)や、ブレイドみたいなかっこ良さは、ほっとんど無かったですが、鋭いツッコミをする事も無くオォ~~とどよめく事も無く、普通に楽しめたサスペンスアクションでした。普通過ぎるのも、たまには良いのかも(笑)。

しかしウェズリー君は、いったいどこに行ってしまうのかしら。
せっかくブレイドで復活したと思ってたのに、こんなB級出てて大丈夫なのかしらねぇ。

監督:デヴィッド・カーソン 脚本:トム・ヴォーン
出演:ウェズリー・スナイプス、ジャクリーン・オブラドース、
   スチュアート・ウィルソン、キム・コーツ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/01/06(金) 11:58:16|
  2. DVD・ビデオ
  3. | コメント:0

あけまして、おめでとうございます♪

今年のお正月はお笑い番組が多くって、映画(ビデオ)は短めの3本しか見なかったのですが、そのうちの1本が最悪でした。
くちゃくちゃなロバート・レッドフォードに期待した私がバカだったのね。。。

では今年もどうぞ、よろしくお願いしまーす☆

テーマ:お正月 - ジャンル:日記

  1. 2006/01/06(金) 11:50:39|
  2. 無分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。