ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嫌われ松子の一生 ★★(MEMORIES OF MATSUKO/2006年日本/130分/ドラマ)

嫌われ松子の一生/ドラマ依存症『松子』の一生…、ちょっと違うか。
愛を求め続ける『松子』の一生…、それもちょっと違うか。
安らぎを求め、流され続ける『松子』の一生…、そんなもの…か?

病弱な妹に嫉妬し、隣の芝が青く見えまくってしまった『松子』(映画ではそうとしか見えん)が、父の喜んだ顔を見たいが為に教師になり、良い先生になるべくがんばった為に妙な偽善者になり、流され、流され、たがが外れたまま流され続けて人まで殺し、それでも人を求め愛を求め繋がりを求め、50歳過ぎで殺されてしまう『松子』のお話。
何度も何度も人に裏切られ、それでも人を求め続けた松子。
父のせい?妹のせい?自分のせい?
あのラストには、そういう何かを語ってたのかもしれませんわね。全然分からなかったけど。ってか過去のせいにする話、嫌いなんだけど。

と自分の好みを別にしても、この映画、波乱万丈の松子の生涯を簡潔に明るく楽しく滑稽に演出してただけのように感じましたわ。
中谷美紀も綺麗だし、柴咲コウはそっくりだし、いろんな人達がいっぱい出てて濃いキャラクターで個性豊かな演出をしてるはずなのに、キャラクターが掴めない、っていうか誰一人心に響いてこなかったんですもの。
演出に酔いすぎたんじゃない?>中島哲也監督

監督、脚本:中島哲也
原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊)
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、
   柄本明、武田真治、宮藤官九郎、劇団ひとり、荒川良々、奥ノ矢佳奈
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/07/08(土) 18:00:52|
  2. 映画館
  3. | コメント:23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。