ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

閉ざされた夏 ★(若竹七海/1998年/391ページ/講談社文庫)

閉ざされた夏/若竹七海(講談社文庫)有名作家の文学記念館で起きた殺人事件。果たして犯人は誰なのか!?誰なのか!?誰なのかーー!!
って事なの?これ??

とにかく面白くなかったのです。最初に殺人事件は起きず、文学記念館で過ごす人達の日常が甘~く描かれてて、私の頭の中には靄がかかりっぱなし。
それぞれのキャラクターが昔の漫画っぽくって、描かれてたであろう人間の気持ちがまったく伝わってこなかったのです。


主人公は両親を亡くし、妹と二人で同居しながらその文学記念館で働く青年。
で、妹は小説家(なもんで殺人事件の推理にアドバイスをいっぱいしてくれる都合の良い存在になってる)。
文学館には他に二人の女性、一人の女性アルバイト。あっ、受付におばさんもいたかなぁ。あと課長さんみたいな存在のおじさんが働いてて、それぞれのキャラクターが仕事を通して描かれてます。
そう、前半はほとんどそんな感じでイライライライラつまらないったらありゃしなかったのです。まぁボヤ事件とかあったからそれだけじゃないにしても、普通の何処にでもいる人達の日常を描いてるように見えて退屈で仕方が無かったのですわ。

でやっと、次の展示会の為に記念館の作家の過去を調べていたら殺人事件が発生。従業員の一人が逮捕され、刑事達の情報を聞きつつ『本当にその人が犯人?誰かをかばってるんじゃないの?』って考えながらみんなで推理していきます。
でもねぇ~。

ただの殺人事件の推理物だったら、『誰が犯人?誰が犯人?』って考えながら読めたはずだけど、『この人にはこんな隠された一面があって、第三者には分からない事がたくさんあるのよん♪』って言われても、被害者がこれじゃ感情移入出来ない!ちゅうねん。
質素な生活をしてる人間が、(ネタバレ→子供を生みたいからって)お金欲しさにそんな事されてもわたしゃ同情できませんわー。

ラストはとりあえず、どんでん返しがあります。
でも、『分かるけど……。だから?』としか感じませんでしたわ。
題名に騙されたみたいね。私。(で、『夏』の意味、あったの?)
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/06/11(日) 17:10:27|
  2. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。