ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さすらいの女王 ★★★(中村うさぎ/2005年/196ページ/文藝春秋)

さすらいの女王L/中村うさぎ(文藝春秋)2004年1月から2005年2月まで『週刊文春』で書かれたエッセイ。『ショッピングの女王』改め、『さすらいの女王』として民を導いておられます(文春の紙面がリニューアルしただけなのだが…)

今回は前回の『最後の聖戦』で発表していた豊胸手術の後から始まってます。と言ってもこの本には整形ネタがほとんど書かれてません。
はちゃめちゃな中村うさぎから、普通の女の中村うさぎになって、日々働き続けているみたいなのです。
整形で得たものは『自分の顔に責任を持たない』って事の様ですが、『自分の税金に責任を持たない』ではいられず、滞納整理マンが昔懐かし差し押さえにかかってきたそうなのですわ。


とはいえ、本書ではそんな苦しさを昔のように面白おかしく書くわけではなく、『遺伝子』やら『夫婦』やら『病気』やら『医者』等の事柄を、46歳の女が普通に語っております。
インパクトが無いっていえば無いんだけど、『へぇ~』と思うことやら『そうそう』と同感する事が多くって、面白かったです。いつもと違うジャンル?(笑)ですが、やはり勉強になりましたわ。
自虐的な爆笑エッセイじゃなくなっていっても、きっと私は読み続けるでしょうね。

そうそう、
ボトックスを脇の下に注射すると、発汗が抑えられるらしいんですってよ。
遺伝子は図書館なんですってよ。
中村うさぎ、『ミクシィ』やってるんですってよ。おくさん!
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/06/12(月) 00:34:31|
  2. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。