ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリント・イーストウッド監督20作目の『真夜中のサバナ』を見る

真夜中のサバナ ★★ (MIDNIGHT IN THE GARDEN OF GOOD AND EVIL/1997年アメリカ/155分/サスペンスミステリー)

真夜中のサバナジョージア州サバナで本当にあった殺人事件を書いたベストセラーの映画化です。クリント・イーストウッドが今年『ミリオンダラー・ベイビー』で最優秀監督賞を取ったから見たわけじゃなく、ただ単にジュード・ロウが出てたから見てみたのですが・・・。
さすがオスカーを手にする男は、視点が違いますわね!(笑)

ジョン・ケルソー(ジョン・キューザック)はジム・ウィリアムズ(ケヴィン・スペイシー)が主催するパーティーの取材の為、ジョージア州サバナ(アメリカ南東部←フロリダの上です)へ訪れます。
ちょっと変わった町なのですが、とりあえずパーティーの取材は無事終了。その日がゆっくり終わろうとしていたその時、殺人事件は起こります。なんと死体はビリー・ハンソン(美男子ジュード・ロウ)(←もう死んじまったよ・・・)。殺しちゃったのはジム・ウィリアムズ。
ジム・ウィリアムズはビリー・ハンソンに殺されかけたと正当防衛を主張するのでした。

ジョンはこの事件をネタにして本を書く為、ビリーの背後関係から調べていきます。そして裁判も始まります。そして長いです!っていうかだらだらしてて、何言いたいのかワタクシほとんどわかりませんでした!(←開き直りか?)

アメリカ南部の歴史を知らないせいもあるんだろうけど、そこでの黒人や白人や成り上がりや上流階級やゲイを表面化して、社会の問題を訴えかけられても、私のハートは鋼のように何も感じる事が出来なかったのよ。
一歩譲ってわざわざ真剣に考えてみれば、人間の虚栄心などが見え隠れするいい作品なのかもしれない。でもこの明るさ(南部)の中の暗さ(っていうかバラバラ?)に耐えるには、155分はやっぱり長過ぎだったのよーー!!!(←やっぱり開き直りだ(笑))

とにかく、サスペンスなのか人間ドラマなのか、はたまた映画『ゴースト』の逆バージョンなのかはっきりしない作品ではありますが、ジョン・キューザックやケヴィン・スペイシーが出てたのを忘れてしまうかのような、(ネタバレ→ジュードのラストの微笑)を楽しみに、155分間耐え抜いてくださいませ♪

監督:クリント・イーストウッド 原作:ジョン・ベレント 脚本:ジョン・リー・ハンコック
出演:ジョン・キューザック、ケヴィン・スペイシー、ジュード・ロウ



追記:ジュード・ロウが「最も浮気をしたい男」の第一位に選ばれたらしいですわよ。美しすぎるのも罪ですわね(一度でいいから悩殺されたい・・・)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050228-00000015-flix-ent
スポンサーサイト
  1. 2005/03/02(水) 16:35:47|
  2. DVD・ビデオ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。