ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボーン・スプレマシー ★★★★(THE BOURNE SUPREMACY/2004年アメリカ/108分)

ボーン・スプレマシー/サスペンスアクション3部作の第2弾。カーチェイス有りアクション有りで、前作同様ジミーちゃんに似てるはずのマット・デイモンが、異常にかっこよく見えるお得な2時間弱でしたわ♪

ベルリンでCIA内部の横領事件を調査していたパメラ(ジョーン・アレン)とそのチームは、情報屋が入手していた資料を手に入れるため取引に応じる。だが、警備体制が万全だったはずのその現場に何者かが侵入し、部下は殺され資料もお金も持ち去られてしまったのだった。そして、唯一現場に残された物はジェイソンの指紋だけだった。

時同じくしてインドでは、2年前の事件から逃れたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)とマリー(フランカ・ポテンテ)が幸せに暮らしていた。だがジェイソンの記憶はまだ戻らず、毎晩うなされる日々も続いていたのだった。
そんなある日、彼の前におっとこまえの刺客キリル(カール・アーバン)がいきなり現れ、カーチェイスが始まる。殺される前に殺さなければ!と思ってた矢先、彼女は撃たれて死んでしまう。そしておっとこまえキリルはジェイソンを始末したと勘違いし、そこから立ち去るのだった。

彼女を失ったジェイソンは、自分の過去と立ち向かうべく過去の断片を拾いに行きます。パメラ達CIAが自分を狙っていることが何故なのか(原因は過去?現在?)わからないまま一人戦っております。うん、ジミーちゃんかっこいいわ。
ただ、前作は窓から飛んでいっちゃたり階段飛び降りたりするシーンが印象に残るほどかっこよかったのに、今回は『えっ、それだけ?』って感じ。やっぱ監督が違うとこんなに見え方が違うものなのかしらね。(ちなみに前作のボブ・リーマン監督は、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー主演の『ミスター&ミセス スミス』に入っていた為スケジュールが合わず、今回製作総指揮にまわったようです。←って言う事で『ミスター&ミセス スミス』は絶対見に行くでしょう)

カール・アーバンそれにしても、おっとこまえ(しつこいって)のカール・アーバン(右写真)とのカーアクションは凄かったよぉ。良かったよぉ。エオメルも良かったけど、こっちの方がもっといいよぉ。(←かなりきてる・・・)

で、とにもかくにも面白かったです♪
前作のかっこよさよりも影の部分にスポットがあたってましたが、人間味溢れるヒーローをジミーちゃんが演じるからこそ光ったのかもしれませんね。早く続きが見たいですわ!!(見てから2週間も経つはずなのに、エンディングの曲が頭から離れない今日この頃です)

監督:ポール・グリーングラス 原作:ロバート・ラドラム『殺戮のオデッセイ』(角川文庫刊) 脚本:トニー・ギルロイ、ブライアン・ヘルゲランド 撮影:オリヴァー・ウッド 音楽:ジョン・パウエル
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョーン・アレン、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ、カール・アーバン
スポンサーサイト
  1. 2005/03/03(木) 15:10:59|
  2. 映画館
  3. | コメント:8

コメント

はじめまして。くるぶしです。トラバありがとうございました。

ジミーちゃんですか(笑)!そう言われてみると似てるかも^^;。前作に引き続き、アクション頑張ってましたね。私もエンディングの曲がまだ頭の中に鳴り響いています。

カール・アーバン、かっこよかったですよね(^^♪
エオメルの金髪(?)より、私はこっちの方が好きかも。
  1. 2005/03/04(金) 15:05:28 |
  2. URL |
  3. くるぶし #-
  4. [ 編集]

>くるぶしさん

はじめまして。コメントありがとうございます!

最近、マット・デイモンがだんだんジミーちゃんに近づいていってるような気がして(特に笑い顔が)少し心配しています(笑)。でもこの作品では、前作同様体も引き締まっててかっこよく見えるから不思議ですよね。

カール・アーバン、やっぱりかっこよかったですよね!私はどっちも好きかも♪(←今は冷静になれないようです(苦笑))
  1. 2005/03/04(金) 19:20:30 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

マリー役のフランカ・ポランテ、調べてみたら『ラン・ロ―ラ・ラン』の主演女優だったんですね。今回あんな扱いで納得してたんでしょうか(笑)
前作にくらべて物足りないところというと、やはりこのロマンス部分でしょうか。でもあえて新たなヒロインを出さないことで、ボーンの悲哀が強く表れていましたから、それで良かったのかも。
>ジミーちゃん
というのは、やはりディーンではなく、元吉本のあの人ですか(笑)?
  1. 2005/03/04(金) 22:12:30 |
  2. URL |
  3. SGA屋伍一 #TyXokUWg
  4. [ 編集]

>SGA屋伍一さん

TBありがとうございます!

そうそう、クリス・クーパーなんてクレジット無しですもんね。本当みんなえらいですよね。X-MENの出演者達とは違って、役者魂さえ感じてしまいましたわ(と言いつつ、お金かもしれませんが(笑))。

>前作にくらべて物足りないところというと、やはりこのロマンス部分でしょうか。
そうですよね。悲しさを知った分、強さと優しさを感じる事も出来たので、これはこれで私も良かったと思います。

>やはりディーンではなく、元吉本のあの人ですか(笑)?
はい。その通りでございます。私の中では相乗効果なのか、二人の位置が不動のものになりつつあります(笑)
『オーシャンズ12』の来日の時なんか、ジョージ・クルーニーとのツーショットが、ジミーちゃんとさんまさんとの師弟関係に見えちゃいましたもの♪(マット・デイモンファンの方、悪意はございませんのでご了承下さいませ。)
  1. 2005/03/05(土) 15:14:16 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

ボーン・シュプレマシー 

 エー、ボーンシリーズ好きですよ。マット大西くんはGood Will Huntingのときから好きですし・・・ハードボイルド・スパイ物というのも、久々で新鮮であった。日本ではヒットしなかったそうですが、宣伝する気もなかったりして・・・カール・アーバンかっこよかったですねー。1作目で殺し屋はショーン・ビーンだし、3作目はヴィゴですか?(違)
  1. 2005/12/21(水) 00:03:13 |
  2. URL |
  3. misao #-
  4. [ 編集]

>misaoさま、ボーン・シュプレマシー

私もボーンシリーズ、かなり好きです。
おちゃまな役をすると、完璧にジミーちゃんに見えるのに
シリアスな役だと、かっこよく見えてきちゃうマット大西くん?(笑)
だったから、余計に良かったんでしょうね。
昔の相棒ベン・アフレックだったら、違う方向に進んじゃいそうですもの♪
>1作目で殺し屋はショーン・ビーン
そうでした?なんか顔の記憶が、全然飛んじゃってますわ。
じゃあやっぱり、3作目はヴィゴさんで間違いないですね(笑)
  1. 2005/12/23(金) 02:15:44 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/12/16(火) 21:01:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/01/22(木) 17:14:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。