ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リクルート ★★★★(THE RECRUIT/2003年アメリカ/115分/サスペンスアクション)

リクルートCIAのスパイ養成学校のお話かと思いきや、騙し騙されワケワカメ(←死語?)の立派なサスペンス。前半はだらだらしてるけど、後半からはちゃんとスピード感が出てきて、アルパチーノがもっと怖くなって、コリン・ファレルが♪か~わ~い~い~(←ヤンクミ調)と錯覚しちゃうぐらい見応えあったよ。

大学に通う賢いジェイムズ(コリン・ファレル)は、難しそうなネットワークのソフトを作りPC関係の会社に売り込み認められる。しかしその晩、彼のバイト先(バーのウェイター)にCIAスパイ養成学校の先生ウォルター・バーク(アル・パチーノ)が現れ、ジェイムスのお父さん失踪事件を餌にして彼をスカウトするのだった。
迷いながらもCIAの試験を受ける決心をしたジェイムスは、無事試験にも合格し、スパイ養成学校で訓練に励む。しかしそこでは、何を信じていいかわからなくなるほどの訓練が待っているのだった。

前半はこのスパイ養成学校を卒業するまでなんだけど、これが結構だるいのよね。後半の伏線だから仕方がないって言えばそれまでなんだけど、コリン・ファレルが可哀相に見えちゃう訓練の意味がわからなかった。
でも、スパイ養成学校を卒業したメンバーが、それぞれの部署に配置されてからは面白かったよ。スピード感ですぐコロッと騙される私には、ドキドキハラハラしっぱなし。ラスト、(ネタバレ→CIAが狙っていた標的がコリン・ファレルからアル・パチーノに変わる瞬間まで、ちゃんと騙されてましたわ。ソフトが動いていないって発想もまったくございませんでしたもの!)オー、ホッホッホッホー。
やっぱサスペンスアクションはやめられないわ。

監督:ロジャー・ドナルドソン 脚本:ロジャー・タウン、カート・ウィマー、ミッチ・グレイザー
出演:アル・パチーノ、コリン・ファレル、ブリジット・モイナハン、ガブリエル・マクト
スポンサーサイト
  1. 2005/03/13(日) 19:33:41|
  2. DVD・ビデオ
  3. | コメント:2

コメント

コリン・ファレル、『アレクサンダー』でも弾けた演技しておりました。演技の評価は高いみたいですね。まあ、彼の出演作って他に『デアデビル』しか観てないんすど・・・ 
  1. 2005/03/13(日) 20:51:07 |
  2. URL |
  3. SGA屋伍一 #TyXokUWg
  4. [ 編集]

>SGA屋伍一 さん

悪役でもなんでも、主役を食っちゃうぐらいの存在感が妙にありますよね。この作品もアル・パチーノに負けない迫力がありましたよ。

>アレキサンダー
3時間の超大作みたいですが、いかがでしたか?金髪のコリン・ファレルは違和感無く見れましたか?(笑)
でもこんなに早く終わっちゃうなんて、超大作なだけにちょっとびっくりです。

>デアデビル
ベン・アフレックだったので、もちろん見てません♪なのでコリン・ファレルが出てた事も知りませんでした。いつのまにか、ベンさんとコリンさんの立場が逆転してしまったようですね。まぁ私的にはどうでもいいんですが(笑)
  1. 2005/03/14(月) 12:41:46 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。