ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライザ・ミネリ主演映画『ステッピング・アウト』を見る

ステッピング・アウト ★★★☆
(STEPPING OUT/1991年アメリカ/109分/ドラマ・ダンス)

ドラマ半分ダンス半分って感じかな。一応大人の悩みを描いてたりするんだけど、コミカルに楽しく描いててみんな前向きだったりするから、見た後不思議と嬉しくなっちゃう映画なのよねぇ。

ちなみに主役のライザ・ミネリはこの時46歳。ダンスはもちろんだけど、肌も綺麗で可愛くってびっくりです。(日本では去年、前田美波里主演でミュージカル化してたみたい。この時彼女は55歳!恐るべし!)

ストーリーはというと・・・。
ライザ・ミネリはあるちっちゃなタップダンスの教室を開いていました。そこには8人の立派な大人の生徒達が通っていました。それぞれ普段の生活のストレスを抱えながらも、ヘタクソでバラバラですがそれなりに練習していたのでした。
そこにある日大きなダンス発表会の話が舞い込んできます。
まともに踊れない生徒達は最初嫌がっていたのですが、結構すんなり受け入れて目標をダンス発表会に定め、一致団結して練習しまくるのでした!!!

人間生きてる限り誰でも悩みがあるけど、ダンス踊ってウッキー!するのも必要なんだなぁ、と思える楽しい映画でしたわ。
脚色バリバリのサスペンスアクションもいいけど、たまにはこういうシンプルなのも頭が素直になれていいかもね♪

監督:ルイス・ギルバート 原作、脚本:リチャード・ハリス
出演:ライザ・ミネリ、ジュリー・ウォルターズ、シェリー・ウィンタース、エレン・グリーン、ビル・アーウィン、シーラ・マッカーシー
スポンサーサイト
  1. 2005/03/17(木) 01:36:48|
  2. DVD・ビデオ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。