ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

画面が暗すぎて、美しい鈴木京香が見えないよ!

日テレの社長をだせ!見ました。
鈴木京香が出てたので、わざわざビデオに取ってまで見たのですが、面白いのか面白くないのかよくわからない2時間ドラマでしたね。これだったら先に『青春の門』を見たほうが良かったかもしれませんわ。
(『青春の門』←前後編4時間の大作なので、まだ見ておりません。昨日の金八先生スペシャルもサッカー見る為に録画しちゃったし・・・。本当に全部見るのかしら>私)

ストーリーはクレーム処理の仕事をしているキャリアウーマンの鈴木京香が、恋愛と仕事の間で揺れ動きながら事件に巻き込まれていくサスペンス、だと思う(だって話の大筋が見えにくいんですもの)。

社長をだせ!/川田茂雄(宝島社文庫)原作は川田茂雄の『社長をだせ!』。でもこれ小説じゃないんですよ。サブタイトル『実録クレームとの死闘』って書いてる通り、クレーム処理の実像を書いてるもののようです。
これを読んだ脚本家―岩松了は、
『なんて面白いエピソードなんだ!じゃあ早速これをベースにして、強くて弱い女のサスペンスドラマを撮ってみようぞ!』
って感じ(ワタクシの妄想です)で、きっとこれを書いたのではないでしょうか。

確かにクレーム関係で面白そうなエピソードがあるのですが、恋人の問題と無理矢理合体させてるもんだから『なんで殺人事件が起こってるの?』と、チンプンカンプンな状態に陥ってしまいましたの。これって2時間ドラマサスペンスだったはずなのにねぇ・・・。

どうせなら『家政婦は見た!』って感じで、
藤山直美主演『クレーム処理班は見た!』ってシリーズの方が良かったんじゃないかしら。その方が笑えると思うんだけどなぁ(←方向性が違うだろ)。

脚本、演出:岩松了 
原作:川田茂雄著『社長を出せ!実録クレームとの死闘』(宝島社)
出演:鈴木京香、香川照之、小林薫
スポンサーサイト
  1. 2005/03/26(土) 19:28:13|
  2. ドラマ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。