ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハイド・アンド・シーク ★☆(HIDE AND SEEK/2005年アメリカ/102分/サスペンスホラー)

ハイド・アンド・シーク/サスペンスホラー期待したわりには全然恐く無かったです。
演出のせいか翻訳(なっちゃん)のせいかはわかりませんが、途中から犯人バレバレで、犯人の名演技さえも寒く見えちゃいましたわ。

ある日、デビット(ロバート・デ・ニーロ)の妻アリソン(エイミー・アーヴィング)が浴室で自殺をはかり死んでしまい、死体となった母親を見てしまった娘のエミリー(ダコタ・ファニング)は、ショックの為一人の世界に閉じこもってしまいます。
心理学者でもあるデビットお父さんは、娘の心を癒す為郊外に引っ越すのですが、娘は我が道を突き進み架空の人物チャッキー・・・もとい「チャーリー」を作り上げてしまいます。そうこうしてるまに、二人の親子のもとに殺人鬼がひたひたと近づいてくるのですが・・・

私は見ていないのですが、映画『シークレット・ウィンドウ』にかなり似ているみたいです。見てない私は、映画『シャイニング』に見えちゃって、デ・ニーロとジャック・ニコルソンを頭の中で比べながら、「どっちもおじいちゃんだけど、恐さはジャック・ニコルソンの勝ちよね」とわけのわからないことを、色々と考えておりました。

確かに二人とも名優なんだけどねぇ・・・。やっぱおじいちゃんでは色々キツイと思うんだけどねぇ・・・。年齢的に考えても『キアヌ・リーブス』ぐらいがちょうどいいと思うんだけどねぇ・・・。彼だったら優しそうにも恐ろしそうにも見えて、違う意味でも心臓わしづかみにされるような気がするんだけどねぇ・・・。
と言ってもトム君同様、ヒーローにお父ちゃん役はご法度なのかもしれませんが。

最後に、この映画のラストは2パターンあるそうです。
通常は(ネタバレ→【エミリーの描いた絵が映し出されて、絵の中のエミリーの横に違う顔が書いてある】)なんですが、
もう一つは(ネタバレ→【エミリーは気づいてないが、精神病院らしいところに隔離されている】)となってるらしいです。
どっちもどっちって感じもしますけどね(私はこのシーン、いらないと思ってますので)。

監督:ジョン・ポルソン 脚本:アリ・シュロスバーグ
出演:ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング、ファムケ・ヤンセン、
   エリザベス・シュー
スポンサーサイト
  1. 2005/05/23(月) 01:07:34|
  2. 映画館
  3. | コメント:4

コメント

こんにちは

ハルさん、こんにちは。
おくさまのブログのコメントに横入りしたばりに、わざわざ「Blog韓国映画の部屋」にお越しくださいましてありがとうございました。
実家が泉北と聞き、親近感を持ちました。
またお邪魔しますね。
HPも読ませていただき読書もたくさんしておられる。スゴイ!!
そういえば読書も最近はしてませんわぁ・・。
どうも老眼なんかなぁ、細かい字に焦点あわない、目がすぐに疲れる・・・う~むむ、もうそんな歳なんかなぁ~(。・_・;)
  1. 2005/05/23(月) 16:44:10 |
  2. URL |
  3. 石圭 #-
  4. [ 編集]

そこにいるのは誰?

「あつ。ダコタちゃんだ!」
ダコタちゃんは『宇宙戦争』で見てみたいなって思ってます。
別に人間ドラマとかはどうでもよくって人類と異星人との戦いとかってのをスクリーンでまだ見たことないので・・・
ハルさんは『宇宙戦争』いかがですか?
  1. 2005/05/23(月) 17:53:08 |
  2. URL |
  3. おくさま。 #oykOZ06Q
  4. [ 編集]

>石圭様

いらっしゃいませ。言いたい放題の感想文ブログですが、よろしければご贔屓下さいませ♪

ワタクシ今は大阪の北部に住んでおりまして、映画を見るなら『TOHOシネマズ高槻』や『ワーナーマイカル茨木』に通っております。
でもまだまだかなりの確立で、泉北に出没してますわ。

石圭さんは映画やドラマがお好きなんですよね。『ローレライ』良かったですか?
結構評判良かったので、見に行こうかと思ってたんですが、知らない間に終わっていました(笑)。
読書のほうは、最近停滞気味なんですよ。おくさまのレビューを読むたびに『あぁ、面白そう・・・』とは思うのですが、レンタルビデオにはまってしまって図書館に行きそびれる毎日です。
  1. 2005/05/24(火) 00:14:26 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

>おくさま

ダコタちゃんの演技力だけが光ってた映画でした。あえてお薦めは致しませんわ。

>宇宙戦争
トム君とスピルバーグの映画ですね。
「人間ドラマ」ってとこが私も引っかかるのですが、一応見に行く予定です。
でも『A.I』や『E.T.』を作っているスピルバーグなので、そんなに期待はしてないんですよ。(『ジョーズ』や『激突』は大好きなんですけどね)

人類と異性人の戦いとは少し違いますが、SFという点では今度の『スター・ウォーズ』にすっごい期待しております。アメリカではもう始まってて、かなり評判もいいみたいですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050523-00000629-reu-ent
  1. 2005/05/24(火) 00:25:12 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。