ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンフィデンス ★(CONFIDENCE/2003年アメリカ/97分/推理サスペンス)

コンフィデンス/推理サスペンスレイチェル・ワイズとダスティン・ホフマンが出てたおかげで、裁判物の『ニューオーリンズ・トライアル』と完璧に間違えて借りてきたこの作品。
公開時に【ラスト10分――気づいたときには ダマされる】ってコピーが付いていた通り、『最後にそれしちゃ、何でもありでしょ』と開いた口が塞がらなくなる、詐欺師が主役の推理サスペンスでしたわ。箱の裏面はちゃんと読まないとね♪

ストーリーは、詐欺師のジェイク(エドワード・バーンズ)達がある男を騙して取ったお金の大元が、暗黒街に君臨するキング様(ダスティン・ホフマン)と後で知り、皆顔面蒼白状態に陥ります(仲間の一人が殺されちゃったのよ)。
で、仕方が無くジェイクはキング様に会いに行き和解を申し出るのですが、逆に「ある銀行家から500万ドを騙し取ったら許しちゃうかも♪」と提案、っていうか命令されてしまい、ジェイク達は仕方が無くその大仕事に取り掛かります。そして・・・。

『オーシャンズ12』みたいなパターンですね(手ぶれは無いのでご安心を♪)。
と言っても『オーシャンズ12』みたいな派手さはまったく無く、最後にどう転んでいくか考えて楽しむ映画だと思います。
が!
最初の1時間はいったいなんだったの?レイチェル・ワイズが消えてから、種明かしまでチラッとも出てこないって反則じゃなくって?「やられた!」って感がしないのはいったいどういう事なのかしら?結末が爽快だから「全てOKさ!」な~んて言ったら、問屋がおろしませんことよ。プンプン。

派手さもなくコミカルさもない、B級詐欺師映画。
皆さん、キャストで騙されてはいけませんわよ。

監督:ジェームズ・フォーリー 脚本:ダグ・ユング
出演:エドワード・バーンズ、レイチェル・ワイズ、アンディ・ガルシア
   ダスティン・ホフマン
スポンサーサイト
  1. 2005/05/25(水) 17:44:11|
  2. DVD・ビデオ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。