ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 ★★(LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS/2004年アメリカ/109分/ファンタジーコメディー)

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語/ファンタジーコメディーもっとシニカルチックかと思ってたら、普通の子供向けファンタジーでした。ジム・キャリーが出てるので、コメディーのエッセンスも散りばめられていましたわ♪わたしゃ全然笑えなかったけどね・・・。

原作は、レモニー・スニケットの大ベストセラー【世にも不幸なできごと】。主役は3人の子供達。
長女のヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)は、目の前にある物を使って何か作ることがお得意。長男クラウス(リーアム・エイケン←『ロード・トゥ・パーディション』の息子役だったらしいが、それなりに綺麗に成長して、まったくわかんなかったよ)は、めっちゃ読書家で本からの知識が豊富。
ヨチヨチ歩きの次女サニー(カラ・ホフマン/シェルビー・ホフマン←双子)は、机でも何でも噛めるほど歯が丈夫で、噛み癖の持ち主。
その3人の自宅が、ある日大火事になってしまい、両親が莫大な遺産を残して死んでしまいます。そこに現れたのがオラフ伯爵(顔芸ジム・キャリー)。彼は3人の子供達を引き取って遺産を横取りしようとします。
さぁ、不幸の連続を目の前にして子供達はいかにして逃れていくのでしょうか。そしていったい、いつジュード・ロウは顔を見せてくれるのでしょうかーー!!

英語が読めれば、原作は面白いの【かも】しれません。
しか~し、映画は妙に中途半端だったのよねぇ。ジムキャリーの顔芸で笑える年は大幅に超えちゃってるからねぇ。それだけじゃワタクシちっとも笑えませんでしたわ。
『じゃあ子供に見せたい映画なの?』と聞かれたら、う~んって唸ってしまう。
子供を持つ親ならきっとこの手の映画は見せたくないんじゃないかな。予期せぬ不幸の連続だからね。
子供のいない私が思うには、絵本が大好きでジム・キャリーの顔芸で笑えることが出来る素直な子供(?)なら、見たほうがいい・・・気がする。
成長するにつれ『人生は山あり谷ありで嫌なことばっかりだけど、がんばれば道は開けるんだぞ!いくつになっても親はそんな子供達を見守ってるんだぞ!』ってのが感じられる大人になって欲しいもの。と言いつつ、将来の目標がオラフ伯爵になっても困りますが(苦笑)。

監督:ブラッド・シルバーリング 脚本:ロバート・ゴードン
原作:レモニー・スニケット
   『世にも不幸なできごと1 最悪のはじまり』(草思社刊)
撮影:エマニュエル・ルベッキ 衣装: コリーン・アトウッド
プロダクションデザイン:リック・ハインリクス
出演:ジム・キャリー、メリル・ストリープ、エミリー・ブラウニング、
   リーアム・エイケン、カラ・ホフマン、シェルビー・ホフマン、
   ダスティン・ホフマン(クレジットなし)
   ジュード・ロウ(語り手・シルエットはジュードに見えたが・・・悲)
スポンサーサイト
  1. 2005/06/08(水) 15:36:21|
  2. 映画館
  3. | コメント:2

コメント

不幸せってなんだっけ

こんばんは。
他の感想などいろいろ読んでみましたら、お子さんにもまあまあ好評だったようです。それなら一応成功作かもしれません。米国でも成績よかったみたいだし。今回は原作3冊分を映画化してありますが、今のところ9冊くらい刊行されていますので、彼らの不幸はまだまだ終らないようです。
>そしていったい、いつジュード・ロウは顔を見せてくれるのでしょうかーー!!
残念(笑) しかし彼は本当に仕事を選びませんね。自分は『A.I』『レニングラード』が印象に残っています。
3人のおこさまの中では「ガー」「ギー」としか言わない次女が一番可愛かったです。「歯は命」というガムの宣伝を思い出しました。
  1. 2005/06/10(金) 22:34:55 |
  2. URL |
  3. SGA屋伍一 #TyXokUWg
  4. [ 編集]

難しい問題だわ!

へぇ~、そうなんだ。次から次へと色んなシチュエーションが出てくるから、子供達は退屈せずに楽しく見れるのかもね。
これできっとハリーポッターみたいに、原作もばかばか売れるのかなぁ。
>ジュード
ホント残念でした(笑)
アカデミー賞で司会者が『何を見ても、ジュード・ロウ、ジュード・ロウ、ジュード・ロウ』みたいな事を確か言ってましたね(ショーン・ペンがその後『彼はいい役者だよ』とも言ってましたが)。それぐらい離婚してから何でもかんでも出てるような気がします。
>次女が一番可愛かったです。
字幕(翻訳:石田泰子さん)とも重なってか、あのキューピーみたいなキュートな顔が小憎らしくって可愛かったですよね。
『歯が命』といえば、東幹久って妙に老けないなぁ。
  1. 2005/06/11(土) 11:34:17 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。