ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミリオンダラー・ベイビー ★★★★☆(MILLION DOLLAR BABY/2004年アメリカ/133分/ドラマ)

ミリオンダラー・ベイビー/ドラマ2004年度アカデミー賞の作品賞、監督賞(クリント・イーストウッド)、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)を獲得した心の奥にズシっとくるドラマ。静かな涙が流れていました。

ボクシングのトレイナーでありジムを経営しているフランキー(クリント・イーストウッド)のもとに、31歳のボクサー志望マギー(ヒラリー・スワンク)が現れます。フランキーは女性を育てるつもりがまったく無く、彼女を適当にあしらっていたのですが、貧しい生活をしながら黙々と毎日遅くまで練習する彼女を見てるうちに、ボクシングを教えるようになっていきます。
そしてマギーは次々と試合に勝っていき、ついに100万ドルをかけた世界タイトル戦に出場することになります。が・・・。

ミリオンダラー・ベイビー/ドラマ静かなんだけど熱い。苦しいんだけど暖かい。ヒラリー・スワンクの笑顔を見るたびに、強さやその他色々な言葉では表現しにくい人間の【混ざった感情】を感じる事が出来たように思います。
年を重ねた後、またじっくり見てみたいですね。


監督:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス
原作:F・X・トゥール『テン・カウント』(早川書房) 撮影:トム・スターン
出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン
日本語字幕:戸田奈津子(←★満点じゃないのはもしかして・・・)
スポンサーサイト
  1. 2005/06/10(金) 19:13:32|
  2. 映画館
  3. | コメント:6

コメント

静かな涙・・・

ここ数回の映画鑑賞で流してないのよね。
胸にずしっときて自然に溢れてくる涙が・・・。
ビデオでもいいかなって思ってたんだけど
「宇宙戦争」でダコタちゃんを見る前にスクリーンで見たくなりました。
モーガンフリーマンも大好きですしね。
  1. 2005/06/11(土) 23:45:34 |
  2. URL |
  3. おくさま。 #oykOZ06Q
  4. [ 編集]

流してみる?

頭で難しく考えるんじゃなくて、何かを感じれればいいタイプの映画じゃないかな。
人生良い事悪い事、フィフティフィフティ。そしてそれらを選ぶのも自分自身。
でもどんな人生歩んでても、多かれ少なかれ辛い影の部分は出来ちゃうものね。
クリント・イーストウッドは、そんな影の部分を余計な演出無しで、さらっと見せてると思います。
もし見るなら、ボクシング以外の情報を入れずに見たほうがいいよ。
>ダコタちゃん
好きなのね♪って事は、安達祐実も好きなのね!?(笑)
『宇宙戦争』のトムちんは、ケイティ・ホームズと付き合った辺りから壊れかけてるようです。(インタビュー番組でめっちゃおどけてみたり、インタビュアーのしつこいニコール質問に軽く真剣に怒ってたり・・・)
映画は大丈夫なのかなぁ。ダコタちゃんに食われてなきゃいいけど(って、おくさまはそのほうがいいのか・笑)。
  1. 2005/06/12(日) 01:41:23 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

100万ドルのバラの花を~

昨日用やっと観てまいりました。モーガン・フリーマン2連発(笑)
ううむ。心にズシリとひびく上質の作品でした。
イーストウッドってばハリ-刑事のころはパンパン人を撃ち殺してましたけど、近年は「殺し」や「命」の意味を真剣に問うた作品が多いですね。
あと、出てくる女の人がみんなこわかったです。
  1. 2005/07/05(火) 22:31:22 |
  2. URL |
  3. SGA屋伍一 #TyXokUWg
  4. [ 編集]

モーガン・フリーマン祭りですね!

興行成績トップ10に出演作品が3本も入ってるなんて、なにげに旋風巻き起こしてますよね。
>心にズシリとひびく上質の作品でした。
でしょでしょ。
>近年は「殺し」や「命」の意味を真剣に問うた作品が多いですね
『ミスティック・リバー』共々、『自分の選び取ってきた人生は、ホントにこれでよかったの?』って問われてるような気がしました。深い傷であればあるほど、きっと答えは出ないんでしょうけどね。一生懸命前向いて生きる、ってホント難しいわぁ。
>出てくる女の人がみんなこわかったです。
ホントそうですね(笑)
でも、したたかで怖い女性は遠慮したいですが、優しくって強い女性は近くにいて欲しいものですわよ。ってSGA屋伍一さんはどっちもダメなのかしら?
  1. 2005/07/06(水) 01:06:22 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

救いの無い映画

さるおです。

> 私も救いの無い映画、結構好きです(笑)
> なのでもちろん『ミスティック・リバー』の方が好きです♪

わー、嬉しい。さるおとおんなじな方がいるのか。
『ミスティック・リバー』はとことん絶望に押し切られた感じで、すごく好きです。

> それが私には、淡い光に感じられたんでしょうね。

うん。とってもよくわかります。かすかな希望の光が、いったんは消えたと思ったけど、また灯った。そういうラストでしたよね。
  1. 2005/11/24(木) 00:50:06 |
  2. URL |
  3. さるお #7SMSw2C6
  4. [ 編集]

さるおさん、いらっしゃいませ☆

『ミスティック・リバー』は、見てから時間が経てば経つほど
感じる物が、重く暗い物になってきたような気がするんですよ。
絶望の淵で生き続けるのって、苦しすぎますよね。
>かすかな希望の光が、いったんは消えたと思ったけど、また灯った。
そうそう。光と影がすっごく印象に残ったんです。
♪人生~いろいろ。
人生もハイリスクハイリターンなのかなぁ。
  1. 2005/11/24(木) 19:28:37 |
  2. URL |
  3. ハル #BejLOGbQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。