ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オヤジどもよ! ★★★☆(中村うさぎ/2002年/242ページ/フィールドワイ)

オヤジどもよ!/中村うさぎ(フィールドワイ)『屁タレどもよ!』の次に切ったのは、オヤジ達だったーー!!
と言ってもオヤジ化している中村うさぎ、それほど切れるわけはございません。常識はずれのオヤジを披露しつつ、そのオヤジ達に同情や同調しながら毒牙にかかった女達や若い男共に語ってた感、大!でございましたわ。

え~っ、これは2001年3月から2001年12月までと2002年の2・4月に夕刊フジで連載された40編と、その他3社で発表された3編、及び書き下ろしの3編の計46編のエッセイとなっております。
若作りのオヤジ、自分に酔ってるオヤジ、丸くなりすぎて若者に擦り寄ってるオヤジ・・・などなど、吉田拓郎、石田純一、キムタクなど例に挙げながら飛ばしておりました。笑えるのはもちろんですが、首を縦に振ってる回数の方が多かったかもしれませんわ(笑)。

で、この連載中、中村うさぎはホスト通いにどっぷりはまっているので、経験を無駄しない、っていうか使った金の元を取るべく『ホストクラブなび』の出版の為、全国津々浦々のホストクラブにも足を運んでおります。
なのでもちろんそのエピソードがチラチラありまして、中村うさぎ内の精神論的な『さびしいまる、くるしいまる。』とはまた違った感動ー【ススキノにメンキャバがある!?・大阪庶民の心の奥には『男らしさ』『女らしさ』という確固としたものがある!?(←改めて気付かされたよ。ちなみに私は大阪女~)】もございました。

そして巻末に5編、あの楽しいお父上の事も書かれております!やはり【オヤジ】というカテゴリーでは、外せなかったんでしょう。
今回はトイレのドアを青にしたり、自分の作品を自画自賛したエピソードが載せられてます。ってみなさん、青ですよ。トイレのドアを来客が迷わない為に、わざわざ青にしてらしたのですよーー!
・・・やっぱ凄いわ(笑)
スポンサーサイト
  1. 2005/07/27(水) 14:11:35|
  2. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。