ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

米倉涼子より、宮沢りえ!(ドラマ感想)

『黒革の手帖』は期待したほど面白く無かったわ。
ストーリーはいいのよ。『そんなあほな!』でいいの(どうせなら『ラストクリスマス』の行っちゃった感ぐらいまで、やって欲しかったよ←ジャンルが違うって・・・)。
それより、やっぱキャスティング(女優)がきつかったんじゃないかしらね。

まず、『紫吹淳』は宝塚引退後のテレビが、あの役なのは悲しすぎる。
『室井滋』はあの役で終わらすにはもったいない。(怪奇大家族は好きです)
釈由美子はへたくそだけど(あの関西弁は聞きたくないわ)、根性の悪さは凄くにじみ出てたから、まぁ許せる。
後は原口元子役の『米倉涼子』。彼女がどこから見ても、銀座のずる賢さが冴え渡る粋なママ(私はこの職業の方を、尊敬しております)に見えなかったんですよ。

OLにも銀座のママにも見えないスタイルのいい『米倉涼子』が元子って・・・、ねぇ・・・。(最終回も修羅場をくぐってるはずなのに、緊迫感を全然感じなかったよ。)
どうせなら釈由美子がやってた波子役のほうが良かったんじゃないかしら。
で、元子役は『松嶋菜々子』。
そのほうが絶対怖くてかっこよくって、もっと視聴率も上がったような気がするんだけど、どう?


それより今シーズンのドラマでお勧めは、『一番大切な人は誰ですか』ですわ!
視聴率は最低~~~~のドラマだけど、大切な人に対するいろんな立場の人の思いがドドドドドドーーーーーーーって出てると思うのです。

第9回で感じたのは・・・。
宮沢りえは男の思い、岸谷五郎は女の思い。牧瀬里穂は結婚まもない女性の思い(友達の意見は独身の思い)。吉田日出子は長い結婚生活で残った思い。

ドラマの中で『自分の思いは言わなきゃわからないでしょ!』って言ってたとおり、相手に気を使うことと我慢する事は違うんですよね(これが結構難しいんだけど)。
大切な人に素直な気持ちで接していれば、不安になることもないし、大切な人が幸せになれば、自分も幸せになれる、っていうか幸せも不幸も伝染する。
そんな気持ちを確認させてくれるこのドラマって・・・、本当宮沢りえで良かったよ(ラストでの涙の後の笑顔は、心にジ~~ンと来るほど素敵だったわ。)

でも私が好きな作品って、どうしてこんなに視聴率が悪いのかしらね。なんか悔しいですわ。

映画『ハウルの動く城』見に行きました。感想は、また今度。
スポンサーサイト
  1. 2004/12/10(金) 20:46:36|
  2. ドラマ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。