ukkiki

映画や本が好きな管理人が繰り広げる、愛情たっぷりな感想文♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の花火 ★★★☆(篠田節子/2004年/309ページ/文藝春秋)

秋の花火/篠田節子(文藝春秋)全5編の短編集です。

1つ目は『観覧車』(小説推理、19997年8月号)。
初対面のイケてない男と女が、観覧車に閉じ込められる話。ラブストーリーです。と言ってしまったら、ネタバレかしら?
まぁ、驚きも面白さも、ときめきも無いラブストーリーでしたけど。

2つ目は『ソリスト』(オール読物、2004年2月号)。
篠田節子お得意の、クラシック音楽関係です。
ロシアのピアノ演奏家が舞台で奏でる『ショパン・ワルツ第14番ホ短調』に乗って、彼女の人生が浮かんでくるのですが、ワタクシこの音楽を知らないはずなのに、迫力を凄く感じました。
篠田節子の音楽小説に、いつも理解不能状態に陥るのに、これはな~んかちょっと感動したのですよ。

3つ目は『灯油の尽きる時』(オール読物・1999年2月号)。
介護に疲れた女性のお話。
で、ワタクシ泣いてしまいましたわ。想定範囲内(←今年の流行語、使ってみたよ)っていうか、想像つく展開なんだけど、悲しすぎて痛かったです。

4つ目は『戦争の鴨たち』(オール読物・2002年2月号)。
アフガニスタンに行こうとした、バカな「写真家」と「小説家」のお話。
題名の『鴨』がテーマになってて、これも想定範囲内なんだけど、そこそこ面白かったですわ。

5つ目は『秋の花火』(オール読物・2003年9月号『セカンド』改題)。
これも一応、音楽関係なんだけど、篠田節子節は出てこない、普通のクラシック演奏家達のお話になってます。
有名な指揮者とアマチュア演奏家達が、第2の人生に向かって歩いていく様子をそっと語ってる様な気がしましたわ。『秋の花火』って題名がぴったりきましたもの。

そんな私の秋の花火は、いったいいつ頃、灯るのかしら。
とりあえず今の希望は60歳ぐらいかなぁ。

そんな感じで、『観覧車』以外そこそこ楽しめました。
軽めの短編集としては、良いんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

  1. 2005/12/09(金) 19:38:56|
  2. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。